ネタバレ

裏林檎【分冊版2話ネタバレ】反社の虐待男に復讐開始!

裏林檎

冒頭、あるマンションの一室にて男と幼女。
男の方は1日の終わりの1本は最高だわ…と呟きながら幼女に向かって「しつけの時間」と伝えていく。震えながら背中には無数の根性焼きの痕が残っていた。

場面転換。
喫茶店「裏林檎」1話で雪子に助けてもらった硝子。彼女は裏林檎でアルバイトをする事になる。

硝子が巻き込まれた事件の事後が明かされていく。
所属していたアイドルグループは解散。ネットやニュースで話題にもなった為、硝子のアイドル活動はお休み期間となっていた。そんな状態だったので雪子が硝子をアルバイトに誘っていたのだ。

喫茶店で朝食を食べる硝子、雪子、蛇原、いぶきの4人。それぞれの特徴的な朝食風景が明かされた後、雪子からもうひとつの朝のお願いを頼まれる硝子。

それは裏林檎で飼っている犬・アダムの散歩であった。まったく歩こうとせず、硝子に引きずられていくアダム。そんな中、裏林檎を尋ねてくる女性が一人、硝子の前に現れる。

訪れてきたのは山田千賀といった女性。ネットで情報を見つけてココなら復讐を手伝ってくれると聞いて来訪していた。

『私の夫…狸一郎(りいちろう)を殺してほしいんです』

その男は2話の冒頭で出てきた虐待男であった。
千賀の言い分では、夫は娘の美兎に対して毎日酷い虐待をしていると明かしていく。同時に彼は反社の人間であり、止められず家のお金も使いこまれていると明かす千賀。

話を聞いて雪子は毒りんごを差し出していく。
そして復讐代行の条件を語る。毒りんごを食べた事で契約が成立。復讐の代償は命であると伝えていく。千賀は子供を守れる為ならと言って毒りんごを食べていく。

『物語が裏返ったわ…その復讐、必ず成し遂げましょう』

復讐に向かう準備が進められていく。
いつもと雰囲気の違う蛇原に頭の中が「???」マークになる硝子。蛇原いわく人を騙すにはまず見た目からの模様。そしてビシッと決めたスーツスタイルで出掛けていく。

狸一郎と接触を図る蛇原。
デカイ儲け話があると狸一郎を呼び出していたのだ。彼のギャンブル好きの性格を活かして儲け話を紹介していく蛇原。

場面は転換されて数日後。
キャバクラでやたらと羽振りが良い狸一郎。蛇原に紹介された仮想通貨で儲けていた。しかし、突然、相場が下落。一気にマイナス局面となって大損害を被っていく狸一郎。

自宅に帰ると兄貴分が彼を待ち受けていた。
理由は預けていた組への上納金がまだ本部に届いていなかったからである。金を全部なくした事を伝える狸一郎。ブチ切れる兄貴分の男。

場面転換。
どこぞの地下駐車場に拉致されて拘束されていく狸一郎。彼が所属する鬼島組の組長も登場して制裁を加えていく。

灯油をかけられて火炙りにされる狸一郎。
そして刃物や鈍器でさらなる制裁を受けていく。地下駐車場には狸一郎の悲痛な叫びがこだましていく。ここで第2話は終了。

裏林檎をお得に読む方法

さくら子
裏林檎をお得に読める電子書籍ストアや手順を紹介しています。定価よりも安くお得に裏林檎を購入して読みたい人は是非☆

詳しくはコチラ

裏林檎 各話ネタバレ一覧

-ネタバレ

© 2020 裏林檎【漫画ネタバレまとめ】